サイトメニュー

美容整形で人気の施術

男性医師

メスを使用せずに小顔に

エラの筋肉が張っていると左右に顔が広がって見えてしまいます。特に女性はコンプレックスの原因になりやすく、美容整形でボトックス注射をする方が少なくありません。ボツリヌストキシン薬剤を注射するだけで咬筋が緩和し、ほっそりとしたフェイスラインが実現します。咬筋は咀嚼によって強化されることが多いため、よく噛んで食べる人だとエラの筋肉が張ってくるケースが多いです。ボトックス注射をすれば頑固な咬筋も少しずつほぐしてくれるので、次第に目立たなくなっていくでしょう。施術直後はほとんど変化がありませんが、2週間も経てば小顔効果を実感できることが多いです。もちろん個人差があるので変化を感じるのに1ヶ月くらいかかる人もいます。ボトックスはメスを使用しないので術後の経過も非常に安定しています。内出血が発生するケースもありますが、これは注射するときに血管が干渉するためです。内出血は放置しておいても治るので問題なく、強い痛みを感じるようなことはないでしょう。注射するときは極細針を使用すれば痛みが非常に弱くなるので、事前にクリニックの公式サイトで使用する針を調べておくとよいです。人によっては施術後に顔が引きつる感覚を覚えることがありますが、自然と解消していくので問題ありません。表情筋の働きが抑制されるために起こる症状で、改善とともに小顔効果を実感できるはずです。ボトックス注射で改善できないケースは、エラが張ってしまう原因が骨にあることです。骨がフェイスラインを形成している場合は切除する必要があります。ボトックス施術はすべて自費診療となるため健康保険は使用できません。エラは注入量が多くなるため、目元や眉間・おでこなどに注入する場合より料金は高くなるのが普通です。綺麗に仕上げるためには注入量がポイントで、症状に合わせて適量を注入する必要があります。ここは医師の知識と経験がモノを言いますので、ボトックスの経験豊富な医師のいるクリニックで施術を受けるのがおすすめです。施術件数の多いクリニックは患者さんの負担を最小限にすることにこだわっています。カウンセリングの時間を多めに確保する、インフォームドコンセントを徹底する、麻酔の痛みを弱くする工夫をする、などの特徴があります。腫れ・だるさ・倦怠感などの副作用が発生することもありますが、こうした副作用・リスクについて明確に話してくれるクリニックがおすすめです。美容整形で大切なのはデザイン力であり、全体的なバランスを考慮してデザインする必要があります。ボディとのバランスを考慮して、スリムに見せることが大切となります。顔が大きいとボディも太く見られてしまうケースがあるので、顔痩せをするときは全体のイメージが重要なのです。ボトックスのエラ施術の前にはカウンセリングをしますが、時間をかけてくれるクリニックほど信頼できます。患者さんが具体的にどのように変えたいのか明確に汲み取ってくれる医師が好ましいです。注射1本で行えるシンプルな施術だけに、医師の腕前がより明確に出てしまうわけです。最近は傷跡を残さないために使用される針は極細が増えている傾向があります。

Copyright© 2018 ボトックスエラで筋肉を目立たなく【スッキリ小顔の美人を目指す】 All Rights Reserved.